datファイルの復号化

libconfig_twn.datの復号化について。

cabala-full-clientフォルダー→Dataフォルダー内のlibconfig_twn.datを使用します。
Serverフォルダー内のlibconfig_twn.datを使用しても大体の場合大丈夫ですが
蔵側のをベースにした方が無茶が効き易いです。

まず、蔵側のlibconfig_twn.datをclient-crypt-filesフォルダー→libconfig_twnフォルダーの中にコピー。
そして、蔵の編集で使用したバイナリエディターStirling Version 1.31でコピーしたlibconfig_twn.datを開きます。

開いた時
開いて直の画面では一番左上の所にカーソルが来ている状態になります。
この状態でDelキーを1回押して01を削除します。

01削除
この状態になったら上書き保存をします。
(復号作業でバイナリエディターの出番ここまで)

編集したlibconfig_twn.datを同じフォルダー内にもう1回コピーして、
コピーしたものの名前をlibconfig_twn_bak.datに名前を変更します。

libconfig_twn.datとlibconfig_twn_bak.datが同じフォルダー内にあることを確認してから
libconfig_twn.datをlibconfig_twn.batにドラッグアンドドロップします。
そうすると勝手にコマンドプロントが開いて勝手に閉じます。

そうするとフォルダー内に新しくlibconfig_twn.xmlが出来ているはずです。
復号化の作業おわり。
プロフィール

きなこもち~

Author:きなこもち~

ブログ作成日:2006-01-06

Season2開始:2015-02-05

記事の更新日:2015-03-12

本スレ811-812は私です

分からない事or私が未検証

  • MAPやMOB、ポータル等
    新しい内容の追加方法
    (装備の追加テスト中)

現在試行錯誤中、情報求む。


【目次】
下準備
プレイに必要な事(省略可)
改変の話題
メモ書き

【ゲーム画像著作権】

Copyright(C) 2005 GCREST Co., Ltd. All Rights Reserved.

(C)Copyright 2005 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

Ntreev and Trickster are registered Trademarks.

Powered by FC2ブログ