サーバーの構築中盤

サーバー構築序盤の続きになります。

1_Loginsを右クリック
Securityをクリックして、表示されるLogins(赤丸の部分)を右クリックして一番上の新しいLoginを選択。

2_Login設定画面
Login nameにユーザー名を入力し、
赤丸で囲ったSQL Server authenticationを選択しパスワードを入力。
下から二つ目にあるデフォルトデーターベースをTricksterに変更。

3_Mapping設定
User Mappinを選択しgmg_accountとtricksterにチェックを入れるとUserが自動的に入力される。
矢印の部分を押す。

4_追加画面
↑のウインドウが表示されるので、赤丸の部分を選択。

5_dboの選択
スクロールしていくとdboというものが見つかるのでチェックを入れてOKを押す。

6_dboが追加
↑の用にdboが追加された事を確認してOKボタンを押す。

7_繰り返す
操作を繰り返して↑のようにチェックした項目にユーザー名とdboが表示されるようにする。



ここからファイルの修正の作業

cabala-backup-files>TS_TUpdate>FirstLoginSvrフォルダー内にある
gmg_account_parm.Dsnとgmg_account_fls.Dsnの内容を

[ODBC]
DRIVER=SQL Server
DATABASE=gmg_account
WSID=(PCのユーザーネーム、ここではTSSQL)
Trusted_Connection=Yes
SERVER=(SQL Server 2014 Management Studio起動時左上部分に表示されている【PCのユーザー名\ユーザー名】を入力)

に変更する。(メモ帳でも出来ます。)
※WSIDはコンピューター名でも大丈夫です。
環境によってはコンピューター名orユーザーネームでエラーが出る場合がありますので問題ない方を記載してください。



ここから別の作業

32Bit版OSを使用している場合、コントロールパネルの管理ツールからデータソース(ODBC)を起動。
64Bit版OSを使用している場合、C:\Windows\SysWOW64\odbcad32.exeを起動。

8_ODBC設定
システムDSNのタブをクリックして、赤丸部分の追加を選択。

9_ドライバーの選択
SQL Serverを選択して完了ボタンを押す。

10_TSの名前入力
名前の部分にTrickster_masterと入力。
赤丸で囲った部分にSQL Server 2014 Management Studio起動時左上部分に表示されている
(PCのユーザー名)\ユーザー名を入力し次へ。
管理人の場合は、(PCのユーザー名)\TSSQL

11_そのまま次へ
そのまま次へを押す。

12_既定をTSに変更
赤丸で囲った部分をtricksterに変更し次へ。

13_そのまま完了
そのまま完了を押す。

14_確認画面表示
確認画面が表示されるので、テストを押す。

15_テスト結果
テストで問題が無ければ、戻ってOKを押す。

16_最終画面
Trickster_systemという名前で同じ操作を繰り返すと最終的に↑の画面になる。



ここからファイル修正作業

cabala-backup-files>TS_TUpdate>LoginServerフォルダー内にある
LoginServer.iniの内容を一部変更する。
変更箇所は
SystemServerURLForClient = (自分のIPアドレス)
=以降の部分を自分のPCのIPアドレスに変更する。
PCのIPアドレスはコマンドプロントにipconfigを入力して調べる。

SystemServer.iniの内容を一部変更する。
変更箇所は
ReportDSNUser = (ユーザー名)
ReportDSNPassword = (パスワード)
の=以降の部分をMSSQLをインストールした時のユーザー名とパスワードに変更する。
このブログではTSSQLがユーザー名になっています。

cabala-backup-files>TS_TUpdate>MasterServerフォルダー内にある
MasterServer.iniの内容を一部変更する。
変更箇所は
TableDSNUser = (ユーザー名)
TableDSNPassword = (パスワード)
DB = tricksterdb:trickster_master:(ユーザー名):(パスワード);trickster
の=以降の部分を変更する。

cabala-backup-files>TS_TUpdate>GameServer1フォルダー内にある
GameServer.iniの内容を一部変更する。
変更箇所は
GameServerUrlForClient = (自分のIPアドレス)
の=以降の部分を変更する。

cabala-backup-files>TS_TUpdate>GameServer2フォルダー内にある
GameServer.iniの内容を一部変更する。
変更箇所は
GameServerUrlForClient = (自分のIPアドレス)
の=以降の部分を変更する。

サーバー構築の中盤はここまで。

管理人は試行錯誤しながらまとめています。
次回の更新は遅い可能性が高いので期待しないでください。
プロフィール

きなこもち~

Author:きなこもち~

ブログ作成日:2006-01-06

Season2開始:2015-02-05

記事の更新日:2015-02-09

本スレ811-812は私です

分からない事or私が未検証

  • MAPやMOB、ポータル等
    新しい内容の追加方法
    (装備の追加テスト中)

現在試行錯誤中、情報求む。


【目次】
下準備
プレイに必要な事(省略可)
改変の話題
メモ書き

【ゲーム画像著作権】

Copyright(C) 2005 GCREST Co., Ltd. All Rights Reserved.

(C)Copyright 2005 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

Ntreev and Trickster are registered Trademarks.

Powered by FC2ブログ